スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

INZEALシャンプー!ちょっと気になるアミノ酸系シャンプーです!

JUGEMテーマ:育毛


以前、INZシャンプー(インズシャンプー)を使ったことがありますが、そのINZシャンプーがバージョンアップしたのがINZEALシャンプー(インジールシャンプー)です。

インズシャンプー

INZシャンプーは、ノンシリコンながら使用感がよく、ちょっと気になっていたのですが、少し成分を変えてバージョンアップしました!

特に注目なのがアルガンオイルを配合していることかもしれません。

以前、アルガンK2シャンプーを使ったことがあるのですが、この『アルガン(オイル)』って頭皮を整える効果が凄く高いそうです。

似た成分でいえば馬油ですね!

アルガンオイルにも馬油と同じ不飽和脂肪酸が多く含まれています。

頭皮における不飽和脂肪酸の不足は、皮膚障害とかを引き起こす原因になるらしく、これを効率よく摂取できるアルガンオイルが注目されているわけです。

そのアルガンオイルを配合してきたのがINZEALシャンプーなんですね!

今度使ってみようと思います!




良質なアミノ酸シャンプーといえば何?

JUGEMテーマ:育毛


良質なアミノ酸シャンプー(アミノ酸系シャンプー)の定義を考えてみると、まず合成アミノ酸系ではなく天然アミノ酸系の界面活性剤を使用していることといえそうです。店頭に並んでいる合成アミノ酸系シャンプーでも、洗浄力が強いだけのシャンプーに比べれば、全然マシなんですが、やはり天然系のアミノ酸シャンプーの方が頭皮に刺激が少ないといえます。

調べてみると合成アミノ酸系シャンプーには、高級アルコール系シャンプーなどに含まれる洗浄力の強い成分が含まれているそうです。髪の毛の心配が無い方にはいいのですが、抜け毛の悩みがあったり、肌が敏感(刺激に弱いなどのアレルギー体質)だったりする方には不向きといえます。通販で販売している育毛シャンプーは、天然アミノ酸系シャンプーが多い傾向があります。

アミノ酸系シャンプーの一番の特徴は、洗浄力が穏やかなことです。しかも汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、皮脂を根こそぎ全て洗い流すことはありません。ここが安価な市販シャンプーとの違いですね。しかも頭皮に必要な潤いを残して洗髪することができるのもメリットといえます。アミノ酸系シャンプーは、低刺激なものが多いこともあり、乾燥肌や敏感肌さらにアトピーなどで、抜け毛の悩みを抱える方にもおすすめといった感じです。

コストが高くなるというデメリットがある天然系のアミノ酸系シャンプーですが、頭皮に負担をかけずに使えることは、意味があると思います。

頭皮の乾燥に悩む方にも安心して使える市販シャンプーは!

JUGEMテーマ:育毛


個人的にドラッグストアやディスカウントなどの店頭で購入できる市販シャンプーは、大量生産・大量流通向けに作られたものが多いと思っています。当然、コストダウンするために大量生産向けの安価な成分を使っているケースが多いと思っています。

育毛シャンプーについても、天然アミノ酸系の界面活性剤(洗浄成分)は安価ではなく、コストも高くなりがちです。当然、店頭販売するにしても値段が高くなるため、一般向けとはいえない面が出てきます。

そもそも店頭販売している安価な市販シャンプーは、洗浄力が強いケースが多いと思っています。昔のメリットなどは、ジンクピリチオンを配合していたこともありますが、頭皮が痒いとか、フケが多くなったなんて口コミが少なくありませんでした。これは洗浄力の強い洗浄成分を配合していたためで、このイメージがあるため市販シャンプーは一定の距離を置いて見るようになりました。

そこで乾燥肌、例えば頭皮の乾燥が気になる方の場合、洗浄力が強い傾向の高い市販シャンプーでは少し不安なところがあります。できれば通販などの合成ではない天然系のアミノ酸系シャンプーを使いたいところです。値段でいえば、300ml前後で2千円〜3千円くらいなら妥当かなと思っています。洗浄力の強いシャンプーで必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、更に頭皮の乾燥だけでなく、髪の毛にも良い影響を与えないと思います。

更に頭皮の乾燥がきになるなら、天然アミノ酸系シャンプーに加えて、保湿成分を配合しているタイプを選ぶと良いです。例えば、馬油・アルガンオイル・プロテイン(プログノ)などの育毛シャンプーは保湿成分も配合していたりします。馬油は、天然保湿成分といわれる成分ですし、アルガンオイルも肌を健やかにする効果が期待できるようです。乾燥がきになる季節には、保湿成分配合の育毛シャンプーを選んでおきたい気がします。

馬油の効果!馬油シャンプーが頭皮を優しくケアするみたい!

JUGEMテーマ:育毛




スキンケア化粧品にも使われているせいかもしれませんが、馬油シャンプー 口コミ評価って意外と高いみたいですね。特に女性の利用者が多いような気がします。馬油は、肌との相性の良さとか、高い浸透力、そして保湿効果などから、肌の潤いを保つ効果が期待できるようです。特に髪トラブルは、頭皮の乾燥が原因といわれることもありますからね!頭皮の保湿にも馬油が良さそうな感じです。そこで馬油の特徴とか期待できる効果を調べてみました。


・高い保湿力!馬油は、天然の保湿成分とも呼ばれ、皮膚の潤い保持や角質層から水分蒸発を防ぐ効果が期待!
・豊富な不飽和脂肪酸!人間の細胞膜を作るのに欠かせない善玉の脂肪を多く含有!
・高い浸透力!馬油に含有する不飽和脂肪酸には、高い浸透力があるのが特徴!
・肌と相性が良い!馬油の飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスは、人間の皮脂に近いそうです!


上記のことから馬油は、スキンケアとか肌を健やかにする効果が期待される天然成分といえそうです。この馬油を育毛シャンプー(アミノ酸系シャンプー)に配合したのが、馬油シャンプーです。馬油シャンプーは、馬油とアミノ酸系洗浄成分の両方の効果を併せ持っているわけです。頭皮ケアシャンプーとしてもオススメといえそうです。

馬油シャンプーといえば不飽和脂肪酸が必ず出てきます。この不飽和脂肪酸は、人間に欠かせない必死脂肪酸(善玉の脂肪)のことで、細胞膜を作るのに必要になるそうです。一般的に不飽和脂肪酸が不足すると皮膚障害などの症状を引き起こすといわれています。頭皮環境においては、抜け毛とか薄毛といった症状に現れるわけです。この不飽和脂肪酸ですが、馬湯からではなく食材から摂取しても良さそうですが、実は食材からは効率よく摂取できないそうです。だから馬油が注目されているわけです。ただ、不飽和脂肪酸効率よく摂取できるのは馬油だけではないらしく、例えば同じスキンケアにも使われているモロッコの天然成分アルガンオイルにも不飽和脂肪酸が多く含有しているそうです。

管理人の感覚だとアルガンオイルを配合するアルガンK2シャンプーは、独特なニオイがあるのですが、ウーマシャンプーはニオイが気になりませんでした。そもそも馬油ってニオイが独特なんですが、馬油のニオイを消したのは凄いなと思いますね!

最後に人気の馬油シャンプーと、配合している馬油の種類などを紹介します。結構、コダワリがある感じです!

ウーマシャンプー:『こうね』配合の馬油シャンプー!馬肉の中で『こうね』は、主に食用(馬刺し)に使われる部分で、一頭の馬から少量しか採取できないため貴重とされています。『こうね』は、普通の馬油に比べ、αーリノレン酸(不飽和脂肪酸の1種)が約5倍も多いのが特徴で、育毛や頭皮ケアへの効果が期待されています。

リマーユヘアシャンプー:馬の産地は、九州の熊本!その熊本名産馬油を使った馬油シャンプーがリマーユです。リバテープ製薬という製薬会社が作った馬油シャンプーなので、品質が確かと評判、女性にも人気です!

1