スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

育毛サプリ選びのコツ!

JUGEMテーマ:育毛


育毛剤や育毛シャンプーを使っていると、つい使いたくなるのが育毛サプリです。特に現代人は、食事の栄養バランスが悪いので、髪にいい栄養が摂取できる育毛サプリは、かなりオススメといえます。

ただ、育毛サプリを見ていると、色んなタイプのサプリがあったりします。例えば、髪にいい成分を単品で販売しているケースです。カプサイシン、イソフラボン、ローヤルゼリー、亜鉛などを販売しているケースなどですね。

個人的に凄く興味がありますが、できれば色んな成分を配合しているタイプを選びたいのが本音です。育毛の基本は、バランスのいい食事にあります。日々の栄養バランスが悪い現代人には、こちらの方がいいです。飲む育毛剤でもいいのですが、色んな成分を配合したサプリの方が、使いやすい気がします。

物凄く高い育毛サプリもあるのですが、最初はバランスよく成分を配合しているタイプの方がいいと思います。

フェルサ・育毛サプリの口コミや効果!

INZEALシャンプー!ちょっと気になるアミノ酸系シャンプーです!

JUGEMテーマ:育毛


以前、INZシャンプー(インズシャンプー)を使ったことがありますが、そのINZシャンプーがバージョンアップしたのがINZEALシャンプー(インジールシャンプー)です。

インズシャンプー

INZシャンプーは、ノンシリコンながら使用感がよく、ちょっと気になっていたのですが、少し成分を変えてバージョンアップしました!

特に注目なのがアルガンオイルを配合していることかもしれません。

以前、アルガンK2シャンプーを使ったことがあるのですが、この『アルガン(オイル)』って頭皮を整える効果が凄く高いそうです。

似た成分でいえば馬油ですね!

アルガンオイルにも馬油と同じ不飽和脂肪酸が多く含まれています。

頭皮における不飽和脂肪酸の不足は、皮膚障害とかを引き起こす原因になるらしく、これを効率よく摂取できるアルガンオイルが注目されているわけです。

そのアルガンオイルを配合してきたのがINZEALシャンプーなんですね!

今度使ってみようと思います!




やっぱり頭皮に優しい育毛剤ならM1育毛ミストかも!

JUGEMテーマ:育毛


少し前(2013年10月)にサラヴィオ化粧品のM1育毛ミストのセミナーがありました。いま自分でも使っていることもあり、興味本位で行ってきました。実際のセミナー内容は、興味深かったです。管理人のM1育毛ミストの効果は、コチラ!

まず、今のM1育毛ミストってフェノキシエタノールを配合していないんですよね。昔のには、配合していました。たぶん防腐剤代わりに使っていたんだと思います。今では、やはりフェノキシエタノールは色々気になることが多いためか、配合するのを止めてしまったようです。ちなみに防腐剤は、別の方法でやっているそうです。

そもそもスキンケア化粧品には、フェノキシエタノールを配合していないケースが多いです。特に敏感肌用とか無添加・自然派あたりですね。

個人的には、『無添加』を謳うならフェノキシエタノールを使うのは止めて欲しいかなというのが本音!

いまのM1育毛ミストが、そのフェノキシエタノールを配合していないというのに、かなり本気さを感じましたね!

あと興味深かったのが、ヘアサイクルのステージ(成長期→退行期→休止期→脱毛&再生のサイクルです)で細胞活性化が認められたそうです。何でもM1育毛ミストを使うことで変動する毛乳頭細胞の全遺伝子の解析したとか!半年かかったなんて話してました!

最近は、育毛有効成分の多さと、頭皮にダメージを与える恐れがある成分を徹底排除していることをPRしている育毛剤が多くなりました。でも全成分をみると、フェノキシエタノールを使っていたり、イマイチと思うことがありますが・・・

要は、育毛剤で大切なことって、有効成分の多さではなく、いかに育毛を阻害する要因となりうる成分を徹底排除しているかです。そして、育毛剤により細胞活性化がおこなわれるかです。

決して有効成分が多ければ良いわけではありません。有効成分が多くても、育毛の阻害要因となる成分があれば効果も半減ですから!

プロピア プログノ126シャンプーの体験談!126EXとの比較も!

JUGEMテーマ:育毛


プロピア プログノ126シャンプーの体験談

個人的に気に入っている育毛シャンプーが『プロピア プログノ126EXシャンプー』です。理由は、管理人の髪はパサつきが酷く、シャンプーだけである程度の指通りが実現できるシャンプーだからです。

そこで前から気になっていた『プロピア プログノ126シャンプー』を使ってみました。プログノ126EXシャンプーも、基本となっているのはプログノ126シャンプーですから、ちょっと期待していたわけです。

この2つのシャンプーの違いは、メーカーの商品説明上は、プログノ126シャンプーの使用感をアップしたのがプログノ126EXシャンプーということ!指通りとか、良くなっているような感じです。ターゲットが女性なので、使用感をアップさせたといったところかもしれません。

実際にプログノ126シャンプーを使ってみると洗髪中の使用感とかは、当たり前ですがプログノ126EXシャンプーと全く同じです。『わざわざ別ラインに販売しなくてもいいのに!』という感じです。

ただ、髪を乾かせた後が多少違います。プログノ126EXシャンプーよりも指通りが若干悪いかなって感じです。ただ、別のアミノ酸系の育毛シャンプーに比べれば全然良いんですけど!

プロテインの感じ(臭いとか)は、は同じなんですが、仕上がり感が多少落ちるかなという感じ。でも、髪の短い男性には十分なんですけど!なお、髪のパサつきなど、キューティクルの損傷などがあるならプログノ126EXシャンプーの方がいいです。

個人的には、髪がパサつくので乾かせた後の指通りを重視しているので、プログノ126シャンプーとプログノ126EXシャンプーのどちらを使いたいかといえば、やはり使用感をアップさせたプログノ126EXシャンプーの方を使いたいのが本音!

ただ、プログノ126シャンプーの評価としては、かなり高いです。仕上がり感も良いので、髪の短い男性向きかもしれません。

>> プロピア・プログノ126EXシャンプーの購入はコチラから!

■プロピア プログノ126シャンプー 成分
ココイルグルタミン酸TEA、ラウレス硫酸Na、精製水、ラウリルベタイン、グリセリン、ラウラミドDEA、ココアミンオキシド、ジステアリン酸グリコール、加水分解コラーゲン、ジメチコンコポリオール、ポリクオタニウム-10、PCA-Na、オクタン酸セチル、ジステアリン酸PEG-150、香料、メチルパラベン、アラントイン、アルキル(C12-14) ジアミノエチルグリシンHCI、酢酸トコフェロール、卵黄油

ケモアスカルプシャンプー(kemore)体験談!使用感は意外と良かった!

JUGEMテーマ:育毛


薬用ケモアスカルプシャンプー(kemore)の体験談

薬用ケモアスカルプシャンプー(kemore)は、天然成分配合・無着色・弱酸性のアミノ酸系シャンプーです。円形脱毛症の悩みが無くなった後に使ったシャンプーです。楽天市場で口コミ評価が高く、けっこう売れている感じの育毛シャンプーになります。

スカルプシャンプーというだけあり、泡立ちが思った以上に良かったです。どうも『スカルプ』という名前が付くシャンプーは泡立ちが良いものが多い気がします。

このケモアスカルプシャンプーは頭皮に活力を与えるレパゲルマニウムを配合しているのが特徴です。頭皮のアンチエイジングにも良いみたいです。ちなみにレパゲルマニウムとは、浅井博士によって開発された有機ゲルマニウムのことで、頭皮の活性化を促す効果が期待できるそうです。アサイゲルマニウムとも呼ばれているそうです。簡単にいえば、アサイゲルマニウム(レパゲルマニウム)で頭皮に酵素を供給することで育毛にも効果があるということだそうです。やはり酵素って育毛にも良いらしいですね!

実際に使ってみると洗髪中の使用感がかなり良く、気持ちよく洗えます。ニオイもフローラルないいニオイなので気持ちよく洗えます。

試しに使ってみた割りに『意外と良いかも!』というのが本音です。シャンプーだけでも適度な指通りがあるので、パサつき気味の管理人の髪には、意外といい感じでした。ただ、髪のダメージが気になるなら専用コンディショナーがあるので、一緒に使いたいところ!

ちなみにケモアは、500mlもあるので1人で使うにはかなり長持ちします。悪くないんですが、シャンプージプシーの管理人には、300mlぐらいの方が嬉しかったりします。家族で使う場合などは、かなりオススメな感じです!

しいて難点を挙げるならば、楽天のサイトが重いことです。画像が多く、ページの表示に時間がかかるので、個人的には買うのが面倒かなというのが実感!育毛シャンプーとしての評価とは全然関係ないんですが・・・重たいページは論外といった感じです!

■薬用ケモアスカルプシャンプー 成分
精製水、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、ジステアリン酸エチレングリコール、レパゲルマニウム、ラウリン酸プロピレングリコール、塩化ナトリウム、ソルビット液、安息香酸ナトリウム、塩化O−[2−ヒドロキシー3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム、クエン酸、塩化O−[2−ヒドロキシー3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、酢酸DL−α−トコフェロール、エタノール、プロピレングリコール、センブリエキス、エデト酸二ナトリウム、香料、グリチルリチン酸ジカリウム